冷えでお悩みの方

慈椿堂薬局

0774-53-6083

〒610-0121 京都府城陽市寺田尺後26-12

営業業時間 / 10:00~19:00
定休日 / 木・日曜・祝日・第2、第3土曜

冷えでお悩みの方

冷えの原因

こんな方は注意

腹痛の女性

京都にある漢方薬局「慈椿堂薬局」では、冷えでお悩みの方に対しても効果的な漢方を処方して、喜んでいただいております。
冷えに苦しまれている方によく見られる特徴として、「常に手足が冷たい」「冷房が苦手」「腹痛や下痢を起こしやすい」「秋から春までカイロや電気毛布を使っている」「寝るときも靴下を履いている」といったものが見られます。

冷えかもしれないと思ったら京都の漢方薬局へ

足が冷えるが上半身は体温が高い、身体が冷たい感じがする、寒気がするといった状態が続いているものの、体温を測ってみたら体温が低い方もいるが、とくに低いわけでもない方もいます。
それが冷えの症状です。
冷えは個人の感覚でしかはかれない自覚症状なので、気づきづらいものです。
「もしかしたら…」と不安な方は、ぜひ京都の漢方薬局「慈椿堂薬局」にご相談ください。

冷えは万病の元

冷えの症状だけでは収まりません

額を抑える女性

「慈椿堂薬局」はこれまで京都の周辺にお住まいの、冷えにお困りの方と数多くお会いしてまいりました。
冷えは単に身体が冷たく感じてつらい、という症状だけでは終わりません。
冷えをきっかけとして、さまざまな病気を引き起こしたり、症状をより強くしたりする可能性があります。
病名がつく前に、冷えにはしっかり対策を行いましょう。

冷えから繋がる病気

冷えに関係するとされている病気をご紹介すると、生理不順・不妊症・更年期障害・アトピー性皮膚炎・気管支喘息・関節リウマチ・腰痛・肩こり・頻尿・膀胱炎・慢性疲労・不眠などといったものが挙げられます。
これらの症状で悩まないように、冷えの兆候を感じられたら京都の漢方薬局「慈椿堂薬局」にお越しください。

冷え対策に代表的な漢方薬

気虚やお血の状態の方なら

冷えに悩む女性

冷えを漢方で改善させる場合、その症状の出方によって漢方薬局が処方する薬が変わります。
気が消耗され身体がだるくなる“気虚”の状態なら「十全大補湯」「人参養栄湯」、血の巡りが悪くなって冷えてしまう“お血”の状態なら「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」「温経湯」、全身に浮腫みが出たり排出関係の異常を引き起こす“水毒”なら「当帰芍薬散」などが処方されます。

オーダーメイドで処方する漢方薬局です

京都にある漢方薬局「慈椿堂薬局」では、それらの代表的な処方を基本としながらも、カウンセリングを丁寧に行うことによって、より一人ひとりの症状に適した漢方をご提供できるように努めています。
冷えによるさまざまな症状にお困りの京都の方は、当薬局にご相談にお越しになることをおすすめいたします。

冷えない身体をつくるために

日常生活で気を付けたいこと

入浴中の女性

冷えは漢方による改善が期待できますが、そもそも生活を見直すことである程度防ぐことができる、と京都の漢方薬局「慈椿堂薬局」では考えています。
例えば普段から冷暖房を控えめにしたり、お風呂をシャワーで済ませるのではなくしっかり湯船につかったり、定期的な運動を心掛けるだけでも、冷えを抑えるには効果的であるといえます。

冷え対策に詳しい京都の漢方薬局

靴下や腹巻きなどを身に付けて腰から下を冷やさないようにするのも有効ですし、基本的に薄着をしないのも大切です。
食事でも冷たい食べ物や飲み物を控える、規則正しく栄養バランスのとれた食事を心掛ける、といった工夫ができます。
冷え対策のアドバイスを受けたいときは京都の漢方薬局「慈椿堂薬局」までお気軽にどうぞ。

お問い合わせはコチラ

〒610-0121 京都府城陽市寺田尺後26-12
営業業時間 / 10:00~19:00 定休日 / 木・日曜・祝日・第2、第3土曜

TOP